BL

韓国BLドラマ「To My Star」キャスト、ネタバレあらすじ、視聴感想

©ENERGEDIC CO.,LTD

韓国BLドラマTo My Starを観ました。

トップスターと寡黙なシェフのラブストーリー。

夜のシーンが多く、しっとりとした落ち着いたムードのあるドラマでした。

韓国ドラマ「To My Star」のキャストや各話あらすじ、見どころを含めた視聴感想を語っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

「To My Star」作品情報

製作国:韓国(2021年)

原題:「나의 별에게」(意味:「私の星へ」)

監督:ファン・ダスル

脚本:パク・ヨン

上映時間:全9話、1話約10分

予告動画

あらすじ(ネタバレなし)

自他ともに認める韓国トップスター、カン・ソジュンはある日、スキャンダルに巻き込まれてしまう。世間の目から逃れ、身を潜めた場所は内気なハン・ジウの家だった。

ソジュンと関わりたくないと思うジウだったが、馴れ馴れしい性格のソジュンにひっきりなしに声をかけられる。そして、ああだこうだと遠慮なく言ってくるソジュンのペースに吞み込まれ、ジウは料理を振る舞う。

ぶつかり合いもつかの間、二人はいつしか一緒に過ごす時間が楽しくなり…。

(※Rakuten TV HPより)

キャスト

メインキャスト

ソン・ウヒョン / カン・ソジュン役

ソン・ウヒョン

(c)@sonwoohyeon7 IG

 

生年月日:1989年11月30日

身 長: 180cm

特技:テコンドー、合気道、警護武術、ギター演奏

出演作:ドラマ「九尾狐伝」(2020)、「タッチ~恋のメイクアップレッスン!~」(2020)、「緑豆の花」(2019)、「ライブ~君こそが生きる理由~」(2018)、「吹けよ、ミプン」(2016)、映画『最も普通の恋愛』(2019)

SNS:Instagram 

ヨミール
武術に秀で、音楽の才能もあり、詩作もするマルチな才能の持ち主です

 

キム・ガンミン / ハン・ジウ役

キム・ガンミン / ハン・ジウ役

(c)@______kangman IG

 

生年月日:1998年12月2日

身 長: 185cm

出演作:「九尾狐伝」(2020)、「ミス・リーは知っている」(2020)、「ストーブリーグ」(2019)

SNS:Instagram 

 

その他のキャスト

  • チョン・ジェヨン:キム・ピルヒョン役(事務所社長)
  • ジングウォン(Newkidd):ぺク・ホミン役(ソジュンのマネージャー)
  • ハン・ジウォン:イ・ユンスル役(記者)
  • コン・ジェヒョン:キム・ヒョンギ役(ジウの同僚)
  • チョ・ハンジュン:イヌ役(ソジュンの同僚俳優)

「To My Star」を日本語字幕での視聴方法

<動画配信サイトで見る>

※本ページの情報は2021年04月08日時点のものです。最新の配信状況は動画配信サイトにてご確認ください。

 

<衛星劇場で見る>

2021年5月24日にCS衛星劇場で全9話連続一挙放送が予定されています。

 

スポンサーリンク

 

「To My Star」各話あらすじ(ネタバレ有)

詳しい各話のあらすじです。

※ネタバレしています。ご注意ください。

+ 第1話

同僚俳優を暴行したとしてニュースに取り上げられ、早朝記者から逃げることになったトップスター、カン・ソジュン。

自宅から事務所に行く途中でトイレを借りるために寄ったのはレストラン「オーク・アンド・オッド」。

急いでいるから早くできる料理をと注文しトイレを借りる。

シェフはエッグベネディクトを作ってくれたが、卵が苦手だからとお金だけ払って店を出ようとする。

芸能人らしく愛想よく対応したにも関わらず、気を悪くしたらしいシェフに「食べないならお帰りください」とつれなく追い返される。

事務所に到着し、社長であるピルヒョンに対し自分は無実だと説明する。

それならば世間に釈明すればいいというピルヒョンの言葉に、釈明はできないからもみ消してくれと頼む。

事態を収拾できるまでしばらく雲隠れすることになり、ピルヒョンに紹介された家は今朝出会ったシェフの住まいだった。

+ 第2話

同居することになったトップスター、カン・ソジュンとシェフのハン・ジウ。

初対面の印象から不愛想なハン・ジウだったが、愛想の良いソジュンは一緒に夕食を食べようと仕事から帰ったジウを誘う。

ソジュンに促され、しぶしぶ2人分の料理を作り食事を共にするジウ。

長く住むわけじゃないし仲良くする必要はあるのかと言うジウに、ソジュンは同居するなら仲よく過ごす方がいいと答える。

会話をしていると外で何かが割れるような大きな音が。その音を聴いたカン・ソジュンは胸を押さえて苦しみだす。

+ 第3話

様子を見に外に出たジウは、石を投げたと思われる記者を見つけ声をかける。

カン・ソジュンがここにいないか、マネージャーが来ていたはずだという記者。ジウが警察に電話をするふりをすると逃げるように去っていく。

家に入り、こんな日は嫌な夢を見るからというソジュンに誘われ、一緒に映画を観て夜を過ごすのだった。

次の日ジウがレストランで仕事を始めていると、レストランのもう一人の従業員、コン・ジェヒョンがこれから一人面接にくるという。

やってきたのはカン・ソジュン。ここで働きたいと申し出る。

3人で話をしていると、ジウの友達でソジュンを追っている記者、イ・ユンスルがやってくる。

バレないようにジウはとっさにソジュンをかくまい、2人でトイレに立てこもる。

あやしむユンスルにトイレを開けられ、ソジュンは見つかってしまう。

+ 第4話

カン・ソジュンはレストランで雇ってくれたら取材に応じるとユンスルを丸め込み、レストランで働くことに。

ソジュンはマスクをして姿を隠しながらジウやジェヒョンとともに働くのだった。

仕事の終わりにはジウと一緒にバイクで帰る。

職場と家の往復が常のジウに、たまには外に出ろとソジュンが連れていったのは、一番好きな場所だという人通りの少ない静かな場所。

夜空を眺めながら2人で散歩し、屋外のバスケットコートを見つけてバスケを楽しむ。

+ 第5話

一緒にレストランで働き、一緒に家に帰る生活の中で2人は距離をお互いを知り距離を縮めていく。

ある日ソジュンがのり巻きを作ろうと提案し、動画を撮りながらのり巻きを作る。

指を包丁で少し切ってしまったソジュンの指をとっさに口に含むジウ。驚くソジュンに、癖なんだとジウは言い訳をする。

ソジュンの提案で、ピルヒョンとホミンを呼んでピクニックをすることになり、庭先でのり巻きやお酒を囲む4人。

夜も更けてきた頃、お酒を飲みすぎて吐くホミンにかわいいやつめとつぶやくソジュン。そんなソジュンに、思わせぶりなやつめとジウは言う。

「嫉妬か?キスしても?」とジウを見つめ1からカウントをはじめるソジュン。

6でキスされたジウ。一瞬してから我に返り、ソジュンを押し返す。

+ 第6話

翌朝、先にレストランに向かったジウはソジュンに今日は来なくていいとメールをする。

ジウの言葉に逆らい、レストランへ来たカン・ソジュン。

昨日のことはなかったことにする、ただの癖だろというジウに、違うよと返すソジュン。

一方記者のユンスルは、防犯カメラの映像を見て暴行事件の真相に気づいてしまう。

ソジュンを呼びだしたユンスルは、「真実を知っている。自分で公表しないのなら自分がすっぱぬく」と話す。

家に戻ったソジュンは改めてジウが好きだ、と告白。

ソジュンを信じられず、お前に遊ばれるのはご免だと言うジウに、ソジュンは「遊びじゃない、今もキスしたい、付き合おう」と語り掛ける。

+ 第7話

ハン・ジウは、俺が哀れなのかと激高する。カン・ソジュンはそうではない、振り回して悪かったとジウを抱きしめる。

次の日、殴ったとされるイヌを家に招待するソジュン。嘘をついた理由を聞くと、切実だからだと言う。

自分はデビュー10周年でやっと主役ができた。ソジュンさんにはいくらでも仕事が来る。譲り合おう、と。

カンソジュンはお前が陰険でよかったよといい、ユンスルに動画を転送するよう電話をかける。

防犯カメラの映像には、大根役者とののしられたイヌが他の客に殴り掛かる姿が映っていた。ソジュンはイヌを必死に止めていただけだった。

ユンスルが防犯カメラの映像を公表し、カンソジュンの疑いは晴れた。

ソジュンがピルヒョンを招いて家で騒いでいた頃、ジウはレストランでヒョンギに金をよこせと脅されていた。

ソジュンとジウがキスをしている写真を撮られていたのだ。

家に帰り、自分は家を出るつもりだとソジュンにつげるジウ。ソジュンが理由を聞くと「これ以上一緒に居たら、俺が危うくなる」と言い残し家を出ていく。

+ 第8話

カン・ソジュンに口止め料をもらうというヒョンギ。ジウは話にならないと店を出たのだった。

ジウが家を出た後、いくらかお金を振り込むとヒョンギにレストランで話していると、ソジュンがやってくる。

ソジュンはその場でお金を渡すと、ヒョンギは逃げるように去っていく。

2人でバイクに乗って家に戻る。

迷惑をかけて悪かったとあやまるソジュンに、ジウはわざと辛辣な言葉をかけ、俺に関わるな、出て行ってくれと言い放つ。

その場に立ち尽くすジウをおいて、すばやく荷物をまとめ出ていくソジュンだったが、すぐに家に戻ってくる。

どうしても無理だ、と。「お前がいないと胸が痛い、お前も俺が好きなんだな?そう感じた。つらいなら近くに行く」と駆け寄り、キスをする。

+ 第9話

想いが通じ合い、また同居を続けることにした2人。

好物のリゾットを一緒に作ったり添い寝をしたりとラブラブに過ごす。

ジウがレストランの片づけをしに行くと、ヒョンギがいる。

罪悪感にさいなまれたヒョンギは、お金は返しにきたのだった。

元気でなとヒョンギに別れを告げ、店を出るジウ。帰りを待つソジュンのメールを受信し、家に向かって走り出す。

家に入って、玄関前に座り込みジウの帰りを待っていたソジュンに微笑みかける。

夜、同じベッドで横になるソジュンとジウ。じゃれ合いながらキスを交わし、電気を消す…

おわり

「To My Star」視聴感想

「To My Star」の視聴感想として、見どころを紹介します。

「To My Star」の見どころ

  • 人気俳優×シェフという新鮮な設定
  • ナチュラルに描かれる「恋に落ちる瞬間」
  • ムードのある夜のシーンたち

人気俳優×シェフという新鮮な設定

「君の視線が止まる先に」の制作陣が再び終結したという「To My Star」。

人気俳優×シェフという設定がBLドラマとしては新鮮でした。

ソジュンのスターならではのやっかみや嫌がらせに対する苦悩や、一般人であるジウが芸能人である相手とは釣り合わないんじゃないか、自分は遊ばれているんじゃないかと疑って素直になれないところも丁寧に描かれています。

キャラクターの性格や背景設定が丁寧な代わりに、ラブストーリーの醍醐味である胸キュンなシーンは少なめなのですが、想いが通じ合った最終話で急にいちゃいちゃしだす2人。

8話まで焦らされただけに、9話の破壊力がすごいです…。

 

ナチュラルに描かれる「恋に落ちる瞬間」

To My Starの2人はとても自然に出会い、なんとなくお互いを特別に感じ始めて、自然に恋に落ちるという展開。

よくあるように劇的に出会って劇的に恋に落ちるのではないところが、むしろ他の作品とは一線を画すところだと思います。こういうナチュラルな展開もいいですね。

欲を言えば想いが通じ合ったところでドラマが終わっているので、視聴者としてはこの先の展開も見たいところ。

続編制作されないかなぁ。されないだろうなぁ…。映画版はあるんですけどね。(映画版はコチラ

 

ムードのある夜のシーンたち

ソジュンが身を隠しているという設定も関係して、落ち着いたムードのある夜のシーンが多かったです。

静かな夜空の下で語り合ったり、夜空の下でピクニックしている時にキスをしたり…。

夜ってどことなくエモーショナルな雰囲気がありますよね。

ドラマ全体として、爽やかな青春ラブストーリーとはまた違ったしっとりとした魅力がありました。

 

まとめ

作品としてただようエモーショナルな雰囲気が良いドラマでした。

「君の視線が止まる先に」と繋がっているようなエピソードもあり、先に君の視線を見ているとより楽しめるかもしれません。

君の視線に引き続き出演のチョン・ジェヨン君(ピルヒョン役)がまたいい味だしてます。

気になる方はぜひ見てみてください。

 

関連
2gether the seriesの次は何をみる?良作アジアBLドラマをご紹介。
2getherの次は何をみる?おすすめの良作アジアBLドラマをご紹介。

続きを見る

関連
韓国BLドラマ【Mr.ハート】キャスト、ネタバレ有各話あらすじ、視聴感想
韓国BLドラマ【Mr.ハート】キャスト、ネタバレあり各話あらすじ、視聴感想―疾走感のある爽やかな青春ラブストーリー

続きを見る

-BL
-

Copyright© 美味しくヨムミル , 2021 All Rights Reserved.